就労継続支援A型事業所 MOCA(モカ)/MOAR(モア)

就労継続支援A型事業所 MOCA(モカ)/MOAR(モア)
ご紹介ご案内

ご紹介

就労継続支援の施設ってどんな所なのかご存知ですか?障がいがあることにより働くことが困難な人に対し、働く場所を提供し、働くために必要な知識を身につけたり経験する施設です。就労継続支援で働いた後は、スキルを生かして一般企業で働く道もあります。

ここMOCA(もか)さんでは「障がいがあっても生き生きと生活したい。」という利用者さんの願いを叶えようと日々切磋琢磨されている施設さんです。

みるくるCHIGGO
みるくるCHIGGO
障がいがあっても生き生きと生活したい。

ご挨拶

「障がいがあっても生き生きと生活したい。」
ーそんな願いを叶えようと、就労継続支援A型事業所MOCA を2012年6月に開所しました。
「働きたいという障がい者は増えているものの、雇用はなかなか進まず、受け皿になる場もまだ少ない」と感じ、事業所を開きました。

代表 中村 美香 mika nakamura

コンセプトと特徴

MOCAの名前の由来は『MO』RE もっと・更に『CA』N 出来る・可能性があるという意味があります。
「あなたの夢はなんですか?」をコンセプトに“一人一人が将来どのようになりたいか”“どのような生活をしたいか”を考えて活動しています。

一緒に夢に向かって、問題を一つずつ壁を乗り越えて行ける様な実力をつけていく訓練していくのが私たちの事業所の特徴です。
また、仕事は生活の基盤が出来てなければ継続することが困難になります。そのような様々な悩みも一緒に解決できればいいなと思っています。
こちらでは「更に」あなたの生きていく力を豊かにするためスタッフ一同サポート致します。
4つの約束事
ウソをつかない
隠し事をしない
独りで悩まない
一日一回笑う!

就労支援A型事業所って?


障がいのある方(身体・知的・精神・難病)が一般企業と同じように雇用形態を結び、指導員のもとで業務を行い、就労経験を積み重ね、一般就労を目指す事業所です。

A型事業所の目的って?


障がいのある方が生き生きと働く場所。
指導員のもとで業務を行い就労経験と自信を日々つけていく。
就労経験を積み重ね、一般企業へと就職する。

作業内容について


一般企業に行って、作業のお手伝いをします。
やりたい事を企画し、実現化していきます。

一日のスケジュールについて


9:50 朝礼
10:00〜 午前中作業
12:10〜 食事・昼休み
12:50 午後作業(間で休憩)掃除のあと終礼
15:00

企業・店舗概要

就労継続支援A型事業所 MOCA(モカ)/MOAR(モア)
[住所]〒830-0853 久留米市青峰2丁目1-3(MOCA)・ 〒830-0027 久留米市長門石4丁目2-9-1F(MOAR)
[営業時間]10:00〜15:00
[休日]日曜・祝日
[駐車場]あり
[TEL]0942-65-5178

MOCA(モカ) MOAR(モア)

webサイトを見る 電話をかける

この記事を見た人が読んだ記事