没後70年 南薫造 絵画展

没後70年 南薫造 絵画展

南薫造の画業の全貌を九州で初めて紹介

明治末から昭和にかけて日本洋画壇の中心作家として活躍した南薫造(1883-1950)は、東京美術学校卒業後にイギリスへ留学して清新な水彩画に親しみ、帰国後は陽光を捉えた明るい色彩とのびやかな筆致による油彩画を次々と発表、晩年は郷里の広島県呉市安浦町で愛する瀬戸内海の風景を描きました。
本展は、現存する代表作とイギリス留学時代の水彩画などを含む、南薫造の画業の全貌を九州で初めて紹介するものです。

■会場
久留米市美術館(2階)

■開催地
久留米市野中町1015

■お問合せ先
久留米市美術館
TEL:0942-39-1131
FAX:0942-39-3134

■料金
一般:1,000円(800円)、シニア:700円(500円)、大学生:500円(300円)
高校生以下無料
※( )内は15名以上の団体料金、シニアは65歳以上
※上記料金にて石橋正二郎記念館もご覧いただけます。

■利用可能時間
10:00~17:00 (入館は16:30まで)

■駐車場
第1駐車場(有料) 普通車66台・身障者用4台
第2駐車場(有料) 普通車155台・バス5台
※最初の2時間まで200円、以降30分ごと100円増し。ただし30分以内の出庫は無料。入庫から24時間最大1000円、24時間以降30分ごと100円増し。
※大型バス・マイクロバスは、1回500円最長1日まで。
※利用時間8時~22時

この記事を見た人が読んだ記事