参加者募集☆ワークショップ「道行(みちゆき)」をつくってみよう! 

参加者募集☆ワークショップ「道行(みちゆき)」をつくってみよう! 

身近な風景が作品になる!?

©︎Naoko Azuma
地名を連ね、具体的な場所について語りながら、登場人物の心情を表す文章のスタイル「道行(みちゆき)」。
平家物語をはじめ古典文学で使われているものですが、実は自分の身の回りや旅の経験をいかせば誰でも創作することができるんだそう!

こちらのワークショップでは、久留米シティプラザの周辺を歩き、久留米市内の安徳天皇ゆかりの場所に触れながら、あなただけの「道行」をつくるイベントです。
演劇を身近に感じることができ、深く楽しむきっかけになるかも!

歩き、観察し、創作する3日間

★スケジュール
2021年12月17日(金)~19日(日)
1日目・・・17日(金)18:00~21:00
「道行」とは?(解説)~久留米シティプラザ近辺を散歩
2日目・・・18日(土)14:00~17:00 
それぞれの「道行」を創作し発表
3日目・・・19日(日)14:00~17:00 
創作した「道行」をもとにした応用編に挑戦

※受付開始は開始時間の15分前より
※1日目のみ、3日目のみなどの単発参加は不可

★場所
久留米シティプラザ4階 スタジオ2

★料金
ひとり500円(全3回分)
※ワークショップ初日に受付にて現金でのお支払い

★ほか
講師・・・木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎 主宰)
対象・・・高校生以上(歌舞伎の知識や創作経験は不問)、3日間連続で参加できる方
定員・・・15名程度(事前申込制)

★申込方法
以下の必要事項を明記の上、メール・FAX・シティプラザ窓口(2階総合受付)・郵送のいずれかで、12月15日(水)までにお申し込みください。

① 「道行」参加希望  
② 氏名(ふりがな)
③ ご住所 
④ 電話番号 
⑤ メールアドレス 
⑥応募動機(ひとこと) 

★お問い合わせ
久留米シティプラザ(〒830-0031 久留米市六ツ門町8-1)
TEL/0942-36-3000(代表)
FAX/0942-36-3087
MAIL/kcp-j@city.kurume.fukuoka.jp

くるめと安徳天皇伝説

久留米市内にある水天宮が祀る安徳天皇は、数々の演劇に登場します。これまでに、安徳天皇について取材し演劇で遊ぶワークショップ参加したことがあるという方も、もちろんそうでない方も、ぜひお申込み、ご参加くださいネ。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます