皇室の名宝 – 皇室と九州をむすぶ美 –

皇室の名宝 – 皇室と九州をむすぶ美 –

貴重なコレクション

 天皇陛下の御即位にともない、新たな時代を迎えました。新たな御代みよをことほぎ、新元号「令和」ゆかりの地、太宰府において、皇室の名宝をご紹介する展覧会が開催されます。

宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する皇室のコレクションの中から、皇室の御慶事ごけいじに際して九州各地から献上された品々や、各時代の日本美術の名品をとおして、皇室の文化継承、皇室と九州の深いつながりをご紹介します。時代を越えて皇室が守り伝えてきた貴重なコレクションが、九州の地でまとまって公開される初めての機会です。

information

■会期
令和3年7月20日(火)~8月29日(日)
前期 7月20日~8月9日・後期 8月11日~8月29日

■休館日
月曜日 *ただし、8月9日(月)、8月16日(月)は開館。8月10日(火)は休館

■開館時間
9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)

■観覧料
一 般 2,000円(1,800円)
高大生 1,200円(1,000円)
小中生 800円(600円)

*( )内は前売り料金です。販売期間は5月15日(土)~7月19日(月)
*上記の料金で4階「文化交流展(平常展)」もご覧頂けます。
*団体料金はありません。
*大学生以下の方は展示室入口にて学生証や生徒手帳等をご提示ください。

★詳しくはコチラ
https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s61.html

この記事を見た人が読んだ記事