秋から冬に鼻の調子が悪くなるのは、もしかしてアレルギー性鼻炎(花粉症)?

秋から冬に鼻の調子が悪くなるのは、もしかしてアレルギー性鼻炎(花粉症)?

秋はアレルギー症状が起きやすい季節です。夏の間に増えてピークを迎える「ダニ」や、稲刈りの時期を迎えたイネ科とキク科のヨモギやプタクサなど「秋の花粉」が飛んでいるためです。秋から冬はアレルギーの原因がいっぱいです。

ダニのアレルゲン量は秋が一番多い

ブタクサ・ヨモギなどキク科植物の多くは秋に開花します。

ススキ、セイバンモロコシなど秋にも注意が必要なイネ科植物があります。

鼻水や咳ぐらいだとつい、我慢したり、自分でなんとかしようとしてしまいがちですが、風邪をひきやすくなったり、よく眠れなかったり、後々ぜんそくなどのアレルギー疾患が悪化してしまうことがあります。

軽い症状でも自己判断で対処するのではなく、早めに耳鼻咽喉科で診療を受ける事が大切です。

はかたみち耳鼻咽喉科さんでは、5歳以上の方に対してダニの舌下免疫療法(詳細はホームページをご確ください。)やアレルギー検査を行ってくれますよ。

お気軽にご相談ください。

information

はかたみち耳鼻咽喉科

TEL 0942-38-0801/090-1343-3387

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます